健康管理と医者の関係

主人が脚の痛みを訴えた

 

先日、主人が脚の痛みを訴えたため、病院を探すことにしました。
しびれている部分もあり、歩けないほどの痛みがあったため、とにかく近くでやっていた病院に飛び込みました。

 

MRIや様々な設備が整った個人病院で、充実した治療が受けられるのではという期待がありました。
レントゲンをとってもらったところ、たぶんヘルニアがあるということでブロック注射をしてもらい、その日は痛みがとれたのですが、2日後には脚の別の部分が痛くなりました。
そのことを先生に話したら、これは正常なことで、この間注射した箇所が治ったから次はここが痛くなるのだ、これからはここの治療を行うと言われ、再度ブロック注射をされました。ed治療薬ランキング

 

初めの治療の際、次の症状を少しでもお話してもらっていたなら納得ができたのですが、痛みが出てから言われたので、なんとなく不安になってしまいました。それから数回、ブロック注射を打ちましたが痛みは取れず、MRIもとりましたが特になんの説明もされず、病院代が高かったので通院をやめました。

 

その後は整形外科、ペインクリニック、紹介された総合病院など、いくつかの病院に行ってみました。
どの病院でもすることはほぼ同じでした。
レントゲンをとり、MRIをとり、問診をしてもらい、多分ヘルニアだ、多分脊柱管狭窄症だと言われ、似たようなお薬をいただきました。

 

そして、ストレッチやレーザー、赤外線等、自分の好みのリハビリをしていくしかない。痛みが耐えられないようなら、手術するしかない。
でも、手術したからと言って、完全に治るわけではない、ということがわかりました。

 

今回、たくさんの病院へ行き、似たようなことをたくさん聞いたのにも関わらず、私たち夫婦は満足することができませんでした。
ひとつは、私たちの住む街には工場が多く、腰痛持ちの人も多くいるためか、お医者さん方が患者に対して、腰痛に関する知識をある程度持っているという前提でお話をされることが多かったことに不満が残りました。うつ病の薬

 

私たちには腰痛の知識はほとんどなかったのです。「よくあることだ」と言われても、そうなのかどうかわかりません。
また、不勉強ではいけないとインターネットで腰痛のことを調べ、そのことをお話したら「病院にこないでネットで調べたら」と言ったお医者さんもいました。

 

痛みを取りたくて、一生懸命できることをしていたのだということを分かってほしかったです。
総合病院では手術をするかと質問されましたが、決断できるほどの判断材料や知識が自分たちになく、質問はありませんかと言われても、何を聞いていいか分からず、決めることができませんでした。

 

私たちは病院に行くという行為の前に、自分たちが何科の病院に行き、どんな治療をしたらいいのかがわかりませんでした。
まず、その症状から何科へ行くべきなのか、どんなことを診察してもらうべきなのかを教えてくれる機関があったら、どんなに心強いだろうと感じました。

 

また、病院を変わるたびにレントゲン、MRIをとるところから始まるので、ひとつの病院で撮影したものや診断結果をひとつの資料としてまとめてもらい、それをもって他の病院に行けたら、医療費の節約にも、診察時間の無駄も省けるのではと思いました。

 

いろんな病院を梯子する患者さんは、お医者さんにとってあまりいい気持のするものではないかもしれないし、患者にしても時間やお金に無駄のない通院を望んでいます。

 

自分の体のことですから時間をかけて、様々な治療を試して自分に合ったものを見つけることは大事かもしれませんが、しびれや痛みがしつこく残る病気だと、本当にこれでいいのかと自問自答をしながら病と付き合っていくことは、精神的にも良くないのではと思いました。

 

私は看護師として働きながらも、自分が喘息や慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎で治療をしている患者の身でもあります。
喘息というのは治るものではなくて、一生付き合っていくものです。

 

(私の場合は特に成人発症なので、これからも続くのです)ですが、ベースに喘息やアレルギーがあると免疫力がなく、しょっちゅう風邪をひきます。風邪が副鼻腔炎を悪化させることになりますので、たかが鼻かぜ・のどの痛みでは済まないのです。

 

日々体調管理には気をつけてはいるものの、一度風邪をひいたら自力で治す力がないのが悲しいところ。
タフな人なら風邪をひいても栄養ドリンクのんでたくさん睡眠とって…と民間療法でもなんとか仕事に穴をあけずにいられるのに。まつ毛育毛剤ルミガン

 

そもそも、風邪すらひかないという人もいますよね。私は調子を崩したら睡眠をたくさんとることはもちろんですが、抗生剤を必ず服用します。
副鼻腔炎は頭がぼーっとして、熱が出てきて仕事にならないから。そして抗生剤も何度も飲み続けていくうちに効きが悪くなり、耐性菌が出てきます。

 

そうすると、次の抗生剤を飲むことになり・・・耐性菌との戦いです。
その上薬によっては抗生剤はおなかをくだしますので、それに対しての整腸剤を飲んだりということも出てきます。

 

解熱鎮痛剤を飲むために胃の保護剤も飲みますし・・・薬が薬を呼ぶといってもいいでしょう。
むしろ、一つの病気がまた別の病気を呼び、薬を必要とさせる。そしてその副作用に対してまた薬で対応する。こんな悪循環になってしまうのです。

 

もともとが健康であれば、このようなことはありません。健康な人って、健康のありがたみがわかりません。
私の場合は体質によるもので発症してしまったので、自分ではどうもしようがないのですが。まつ毛育毛剤人気

 

それでも風邪をひかないように自己管理は絶やせません。今健康の方は、その状態を維持できるのが当然と思わずに、大事にしてもらいたいものです。病気は病気を呼び、薬がまた薬を呼びますから。健康であれば、この連鎖に巻き込まれることはありません。

椎間板ヘルニアを発症した人は、その激痛の辛さとともに、
日常生活での苦労を感じた人は多いのではないでしょうか。

 

かがめない、座れない。
この動作ができない事は、日常生活を送る中で大変不便です。

 

まず、お手洗いに行く事が困難になります。
便座に座るまで、痛みと戦いながら時間をかけてやっとの思いで座ります。

 

そのように座れないので、もちろん、リビング等で椅子に座れません。
ですから、ベットで横になるしかないのですが、ベットに横になる事も、なかなかその大勢になるのが困難です。

 

寝返りも大変です。痛みがともないます。
そのような状態なので、食事をとる場面でも、その大勢をつくるのが大変なわけです。アフターピル出血

 

家で安静にしている最低限の動作…お手洗い、寝る、食べる。
これが苦痛をともない困難になります。

 

病院に行くのも、痛みでまともに歩けないので、車で移動するしかないのですが、でも、車は座らなくてはいけません。
座れないので本当に困ります。

 

セグウェイのように立ったまま移動が出来るものが世の中にないものかと思うくらいです。
日常生活で、腰を怪我すると、自宅で安静、病院へ行くのこの最低限の動作さえもできなくなるのかと思い知らされます。 

 

椎間板ヘルニアになってしまった原因は、たくさんあると思いますが、
体が硬いということもひとつの原因のようです。

 

ですから、病院では、筋肉をやわらかくするための薬を処方され、リハビリとして、牽引し、腰を引っ張ったり緩めたりします。足のむくみ解消法

 

椎間板ヘルニアを発症してから、ある一定の月日が経つと、ストレッチをするようにと医師からすすめられます。
椎間板ヘルニアを発症してすぐは、ストレッチをしてはいけないのですが、あるタイミングで医師がストレッチをすすめてきます。

 

それは、痛みがあってもストレッチをしても良いというものです。
ストレッチをすることで筋肉がやわらかくなり、痛みが軽減されるというのです。

 

日常生活が普通に遅れるように回復しても、このストレッチや体に筋肉をつけることは、健康維持、腰痛予防のためにも重要な事のようです。

 

 

一年に一度の健康診断の重要さを最近思い知りました。
毎年血液検査だけは受けていましたが、がん検査は何となく敬遠してしまい受けていませんでした。

 

それでもそろそろ胃カメラ検査はした方がいい年齢にさしかかり、父が胃がんで亡くなってる事もあり母からは凄く勧められていました。
それでもそのうちと延ばしながらいると胸のつかえをおぼえて、食欲が急に低下していきました。

 

それをきっかけに初めて胃カメラを体験することになり、その際粘膜下腫瘍が見つかり念の為という事で細胞を採取し生検することになりました。

 

その際とても小さな腫瘍ですが、この腫瘍が最近のものなのか、以前からあってこの大きさなのかわからないのでという理由でしたが、カルチノイドの疑いがあり、それはがんではないが悪性なのでという話をされてとても不安になりました。バイアグラジェネリック

 

でもその不安を取り除いてくれる先生の対応がありましたのでその場は救われましたが、1週間の待ち期間は気が気ではありませんでした。

 

検査の結果は陰性で腫瘍も大きくなってなくその時は問題ないという事でしたが、また3か月後にまた再検査を受けるように言われ不安は募るばかりです。

 

3か月後検査を受けると大きさは変わりないけど細胞をまた採取しますという事で、またカルチノイド疑いという事でまたまた不安な1週間でしたが異常はありませんでした。

 

思わず先生に前回陰性だったものが陽性になったりするのか聞いてみると、念の為ですから大丈夫ですとの返事だけでした。ed治療薬バイアグラ

 

結局またその半年後同じことを繰り返しましたが陰性でしたので、ホントに念の為で用心に用心を重ねてるのかなと、見落とされるよりは全然いいのでとても信頼できる先生なんだと改めて思いました。

 

このことを踏まえてもっと以前に定期的に検査を受けていたら一年に3度も胃カメラを受ける事もなかっただろうし、不安な時を何度も経験する事もなかったのではないかと思ったりします。
その中で熱心できちんと説明をしてくれる先生には感謝しています。

体調を崩したら医療機関にかかることはもちろんですが、そうならないために日々の健康管理がとても大切です。
心身ともに健康で過ごし、体力的にも精神的にも免疫力を高めています。

 

まず、体の健康管理としては、適度な運動と規則正しい生活リズム、そして栄養バランスの整った食生活を守ることです。
ハードな運動をたまにするよりも、日常的にこまめに体を動かす方が、継続でき効果的です。

 

例えば、エレベーターの利用回数を減らして3階くらいまでなら階段で登ったり、
車を使うよりも15分ほどで行ける距離なら早足で歩いたり、テレビを見ながらストレッチをするなどです。

 

これだけでも、体の中でも特に下半身が引き締まり、基礎代謝が上がり、体の調子が整えられます。
規則正しい生活とは、早寝早起きをし、3食きちんと食事を採ることです。

 

早起きをして、朝日をたっぷりとあびると、鬱を予防できます。
清々しい気持ちで一日を始め、フルーツを盛り込んだ手作りの食事を採ります。

 

昼食、夕食も含め、一日のなかで必要な栄養素を採り、食事の間の間食を控えて、
胃を空っぽにする時間を作ります。必要以上に食べ物を口にしないことで、体が慢性的な肥満から抜け出せます。ed治療薬レビトラ

 

それでも、風邪をひいたり気分がめいることはあります。
そこで大切なことは、すぐに医療機関にかかることが必要なのかどうかを正しく判断することです。

 

精神的な不調の場合は、なるべく早く医療機関にかかり、早急に処置をすることで深みにはまることを避けられます。
体の不調の場合、風邪のひきはじめであれば、体を温めて十分な睡眠をとることで重症化を防ぐようにします。

 

体に普段から免疫がついていれば、ここで回復することが多いです。他に、風邪以外の体調の悪化の場合、
深刻な病気が隠れていることもあるので、必要な時に必要な医療機関にかかる判断を正しくできるようにします。

 

普段の生活をいかに健康的に過ごすかによって、医療機関にかかる回数は圧倒的に減らせます。
しかし、医療を適切に受けることが、健康に過ごすためには不可欠でもあります。